スマートフォンに悩むスマートじゃない話

apple and google logo
新しいスマホを買いたい。

スマホに対する私見

10万円近く(あるいはそれ以上)のスマホは、ハイエンド端末と呼ばれる。
ぼくはスマホにそれほど多くを求めておらず、ネットをするにも結局パソコンの方が便利だと思っているから、最高スペックを求めてはいない。

でもスマホがフリーズしたり、処理に時間がかかってもたついたりすると、「こういう時間が積もり積もったら人生の大きな損失なのでは」という気もする。

そういう意味では最新の高性能スマホを買うのは人生を買うのと同義と言えなくもない、か。知らんけども。

iPhoneもいいけど、ぼくはGoogleの方が好き。
Androidが好きというよりはGoogleが好きっていう感じなんだ。
日ごろ使っているアプリやサービスもろもろGoogleに管理されているし。

で、今興味あるのがGoogle謹製のPixelシリーズ。

Pixel 4

google pixel 4 and 4 xl
Pixel 4が現在リリースされているGoogleスマホで最新。
定価では89980円~。高い。

1世代前のモデルPixel 3はカメラがシングルなのに評判がよかった。
最近はスマホのカメラも、広角だったり望遠だったりで複眼が当たり前のようになっている。
Googleはカメラ自体を増やしたりするのではなく、撮った写真を処理するAIにすごく力を入れているそうな。
ハードの進化とソフトの進化。スタイルウォーズ。

Pixel 4はデュアルカメラ(広角と望遠)を搭載。
最高のチップセットを積んでぬかりのないスペック、Google謹製。

発売から時間が少し経ってるから、未使用品も6万円台くらいから出回ってるんだよね。いいじゃん。

ただなあ、ロックが顔認証ってところが今すごくデメリットに感じる。
デザインも内容も好みなんだけどそこが引っかかる。

Pixel 3/3a

google pixel 3
で、1世代前の3と3a(廉価版)。
こっちはロックが指紋認証。背面に認証エリアがあるんだけど、画面オン時にはここが通知を引っ張ってくる(画面上部にあるステータスを開く)のに使用できるらしく、便利そう。ユーザーの方の話では両手使いしていると別に必要ないらしいけれど、ぼくはなるべく片手で使いたい。

3はもうGoogleストアでも販売終了しているんだけど、定価は95000円~。
古いから未使用品も6万円程度、わけあり品だったりは5万円くらいで買える。

一方コストダウンを図ったモデル3a(夜景モードのカメラ処理、本体素材、チップセットなど少しずつランクダウンしている)は、廉価版にも拘らず人気がある。
定価は49500円~だが未使用品で3万円台半ばくらいから買える。

前述のとおり3も3aもカメラは評判がいいし、各メーカーの色付けがなく純粋なAndroid端末というのもいい。
さらには発売から3年はOSアップデートがある(現在からまだ2年は残っている)など、Googleのサービスが手厚いのも嬉しい。

Pixel 4a

google pixel 4a
今月に発表予定だったのが何度か延期され、発売は8月以降というリークがされている4a。
名前の通り4の廉価版で、カメラは再びシングルになるものの、同じく廉価版の3aよりも画面サイズは大きくなりつつ本体サイズはコンパクトになったり、チップセットがより良いものになったりと注目点は多い。ロックも指紋認証
それでいて3aの定価より安くもしかしたら3万円台から、なんて噂もある。

が、全部現時点では噂で、発売ももっと先になる可能性がある。

本来一番狙っていた端末はこれ。
iPhone SEコスパにガジェットオタクたちがわいわい言うてる中、ミドルクラススマホで対抗馬は4aだ! というのが定説だったのだが、8月発売はちょっと遠い。
かといって今別の端末を買って2ヶ月後に4aが出たらすごく損をした気になるのでは、と思って二の足を踏んでいる。

結局

まあ、でも、結局3か3aを買うことになると思う。

実を言えばHuaweiのP30 liteを買いかけたのだが、黒を買ったあとに指紋がべたべたつくのが気になるというレビューを見て、白に変えようとキャンセルしたのだ。
で、4aがそろそろ来る? なんてリークを聞いて、情報を調べているうちにPixelシリーズが気に入ってしまい、結局P30 liteはキャンセルして終わった。
この判断は正しいと思う。

ただ4aを待つのが最善な気はしているので、次善の策として3か3aか。
これが悩ましいんだなあ。

後日譚